防災製品大賞



日本初の 「防災製品大賞©」 金・銀・銅 3 賞 特別賞決定!
グランプリ発表・表彰式
10月11日(水)午前11:00〜11:45
会場:東京ビックサイト西ホール・危機管理産業展2017特設ステージ


この度、一般社団法人防災安全協会(理事長斎藤実)は、日本で初めてとなる「防災安全大賞©2017」を制定し、全国73社より120品目の防災製品がエントリーされました。その最終審査委員会(審査員長青山脩・元東京都副都知事ほか5名)で、厳正なる審査の結果、1・防災製品 2・災害食・非常食 3・復興支援 4・新製品・開発の4部門より各部門の金・銀・銅3賞候補の優秀賞・特別賞が下記のとおり、決定しました。
そこで「防災製品大賞©2017」 金・銀・銅賞発表と表彰式及び3賞ブース展示について、次のとおりご案内させていただきます。

概要
日時 2017年10月11日(水)11:00〜11:45 
会場 東京ビックサイト西ホール・危機管理産業2017特設ステージ(アトリウム)
表彰式 防災製品大賞の発表と表彰式
大賞展示 RISCON会場4C-20

防災製品大賞の発表と表彰式



「防災製品大賞©2017」各部門大賞金・銀・銅賞・奨励賞は次のとおり。

1・防災製品部門

金賞 
「ロールトワレ」・株式会社カインドウェア
銀賞 
「メガホンヤク」・ パナソニック株式会社コネクティッドソリューションズ社
銅賞 
「YAMORI 感震ブレーカー」・株式会社リンテック21
奨励賞
「柏葉水電池・懐中電灯」三嶋電子株式会社、
「PatJack SA」株式会社横井製作所

2・災害食・非常食部門

金賞 
「美味しい防災食・ホワイトシチュー」・アルファフーズ株式会社
銀賞 
「ライスインカレー」・三徳屋株式会社
銅賞 
「7年保存食セット3日分」・株式会社グリーンケミー
奨励賞
「温めずにおいしい野菜カレー」・ハウス食品株式会社
「野菜たっぷりスープSO-50」・カゴメ株式会社
「しっかり、まんぞく。非常食セット3日分」・ファシル株式会社

3・復興支援部門

金賞 
「野菜一日これ一本長期保存用」カゴメ株式会社
銀賞 
「対流型石油ストーブ」株式会社コロナ
銅賞 
「ファシル防災ズキン」ファシル株式会社
奨励賞
「トゥルーパルス」・株式会社阪神交易、
「緊急告知ラジオ」・ワキヤ技研株式会社

4・新製品・開発部門

金賞 
「テレビ・プッシュ」・イッツ・コミュニケーションズ株式会社
銀賞 
「車載用防災セット」・ファシル株式会社
銅賞 
「座れる防災キャビ」・吉川金属株式会社
奨励賞
「防災・救命シェルターCL-HIKARI」・株式会社光レジン工業、
「インテリジェント懐中電灯光ルヤモリ」・株式会社リンテック21、
「災害用空気亜鉛電池 エイターナス」・株式会社ダブルエー・ホールディングス

特別賞

産経新聞社賞 
「ウィーテルくん」・DSCサポートクラブ株式会社
危機管理教育研究所賞 
非常用マグネシウム空気電池「Watt Satt」藤倉ゴム工業株式会社
防災安全協会賞 
「まるごと防災」・帝人フロンティア株式会社
奨励賞
「石油ストーブ」・株式会社トヨトミ、
「ポケットトイレ・ グリ−ンマナー」進展工業株式会社  

以上


主催:一般社団法人 防災安全協会
後援:産経新聞社 (特非)日本防災士会 ほか

◎大賞の製品は、危機管理産業展(RISCON)2017(※)当協会ブースにて展示

※危機管理産業展2017
会期 2017年10月11日(水)〜13日(金)10:00〜17:00
会場 東京ビッグサイト 西ホール・会議棟
主催 株式会社東京ビッグサイト



[防災製品大賞©2017] のご案内
東日本大震災後7年目に入る本年、頻発する地震や多くの自然災害に備えて防災備蓄の必要性が迫られてきております。
そこで、日本で初めてとなる「防災製品大賞©」を創設し、東京ビッグサイトを始めとする関連機関のご協力を得て、本年より開催いたします。
その概要を次の通りご案内させていただきます。


ご挨拶
危機管理産業展での表彰式開催について

株式会社東京ビッグサイト
代表取締役社長 竹花 豊
当社は、2017年10月11日から13日の3日間にわたり、「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2017」を開催いたします。
これまで12回にわたり実施してきた本展示会は、防災対策をはじめ、危機管理分野全般における
高度な技術力や最新情報を国内外に発信し、本産業のビジネス拡大とともに危機管理意識や防災意識の向上に寄与してまいりました。
当社といたしましては、この展示会でできるだけ多くの皆様に優れた製品等のご展示をいただけることを期待しておりますが、この度一般社団法人防災安全協会様が独自に実施される「防災製品大賞」が、私共の期待に沿った成果に結びつくものと信じております。
ご関係者の皆様のご苦労に敬意を表します。
平成29年6月


防災先進国日本が誇る防災製品大賞の創設について

一般社団法人 防災安全協会
理事長 斎藤 実
当協会は、2013年より防災製品推奨制度を設け、いざという時に役立ち、安全・安心な防災製品を認証し、昨年までに100品目以上の製品に認証のロゴマークを付与し、防災製品等メーカー様の啓豪・啓発に努め、その付加価値を高める活動をすすめて参りました。
そこで、この度こうしたメーカー様の後押しをいただき、災害時に役立つ製品の普及を図りさらに優れた製品を顕彰する目的で、日本で初めてとなる「防災製品大賞」を創設いたします。
まだまだ、行政等の告知や警告にもかかわらず、備蓄率が企業や一般家庭において十分とはいえません。
防災は、備えることではじめて減災につながり、自分の命を守ることができ、地域の共助や公助へと連鎖していくもので、防災意識の高揚に繋がるものと理解しております。その一助として本大賞が注目され、防災先進国日本のレベルアップに大いに貢献できればと思います。
平成29年6月


[防災製品大賞©2017] の要項
1・大賞概要〜今年最も優れた防災製品・非常食等を部門別に選び、大賞を表彰〜
今日、阪神・淡路の大震災から新潟や東北の大震災を経て、こうした地震や大災害の経験を踏まえて、いざという時に役立つ防災製品が開発されて来ております。
そこで、首都直下地震の対策からもより必要性が高まっている安全・安心な防災製品を日本全国の企業・自治体・学校・病院への普及啓発を目的で、「防災製品大賞©」を創設します。部門別に専門審査会で優秀賞を選び、プレス発表し今秋10月に開かれるRISCON(危機管理産業展)2017の会場内で最優秀賞を決定し、表彰・展示します。
エントリー製品さらに出品企業におかれましては、防災意識を高め、優れた技術力を発揮することで、その品質向上が図られ、販売促進の一助として、またサプライ側の安全・安心の指針ともなれば幸いです。
以上のような要項で、日本の優れた防災製品の情報・発信を推進してまいります。



2・審査部門
(1)防災製品部門、金賞、銀賞、銅賞(防災製品全般)
(2)災害・非常食部門、金賞、銀賞、銅賞(賞味期限3年以上のもの)
(3)復興支援部門、金賞、銀賞、銅賞(被災地等で活用されたもの)
(4)新製品・開発部門、金賞、銀賞、銅賞(1年以内・本年に発売されたもの)
(5)特別賞として、産経新聞社賞、危機管理教育賞等を設ける予定。

審査方法 各部門別にエントリーされた製品(現品及び仕様書)で審査し、上位3製品を部門別に選び、優秀賞とし、9月の最終審査で決定し、プレス発表する。
審査員 青山佾(代表)
審査日程 第1回書類審査〆切・6月30日(金)、
第2回書類審査〆切・8月31日(木)、
最終審査会・9月20日前後予定、その後・プレス向け、部門別に優秀賞を発表予定。
審査費用 1製品につき、
(1)3万円・税別(一般申請)
(2)2万円・税別(RISCON出展社)
(3)1万円・税別(防災推奨取得品)

※書類審査は、一般製品は現品と仕様書、非常食は審査用・試食1品2食分、全てメーカーの負担としエントリーシートとともに、〒158-0097 東京都世田谷区用賀1-27-20 山浦ビル 3F 防災安全協会・防災製品大賞事務局へご送付ください。



3・表彰式・日時、会場
2017年10月11日(水) 危機管理産業展2017・表彰式は特設ステージ(午前11時予定)、RISCON会場にて、部門別に金・銀・銅賞(3つ)・特別賞等を決め、表彰する。
展示は、東京ビックサイト・RISCON出展会場・防災安全協会出展ブース
主催:防災安全協会・事務局・選考:防災製品大賞審査委員会
後援:産経新聞社、日本防災士会 予定ほか検討中


4・受賞特典 (金・銀・銅賞)
・会場内ステージで受賞製品を表彰し、協会コーナーで展示する
・受賞企業・製品には大賞・ロゴマークの使用権を進呈
・有力プレスでのニュースリリース、業界紙での大賞を掲載や特集ほか


5・お申込み・問合せ先
(一社)防災安全協会・防災製品大賞事務局
TEL:03-3700-1930 FAX:03-3700-1003 専用メール: