防災に関する講演会、イベントの企画・開催や防災のことなら一般社団法人防災安全協会

帰宅困難者対策

※自社社員のみならず、近隣の避難者(通行人・住民)の備蓄も対象となります。

大地震が起きたら、パニックとなり交通機関が停止したり道路が通行止めの場合があり、職場や学校などや避難場所で一時的に凌ぐため、飲料水や食料品は、公助が来るまでの最低限1人3日分を目安(保存水は1人1日3リットルを目安、食べ物や毛布等とトイレ)に、身を守る対策が重要。
⇒非常用・備蓄食などを紹介します。

※順不同